新着情報・お知らせ

仙台藩家臣録 全5冊揃を入荷いたしました

197年 佐々久編 歴史図書社 江戸時代関ヶ原の戦いののち陸奥国に仙台城を築いた外様大名伊達政宗によって治められた仙台藩は約5万の人口にまで飛躍して東北一の都市となりました。仙台藩ではほかの藩が禄米が与えられるのとは異なって、知行地を与えるという中世的な制度をとっていました。その ...

≫ 記事の続きを読む

全宇宙誌 を入荷いたしました

1980年 松岡正剛ほか編 工作舎 松岡正剛が編集構成し、杉浦康平が造本した「ブック・コスモスあるいは星書」です。本書制作の動機について松岡が「宇宙それ自体であるような一書をつくってみたいとおもっていた。」と本書で述べている通り、1ページ1ページが宇宙になるように最善のデザインが ...

≫ 記事の続きを読む

井筒俊彦全集 全13冊揃 を入荷いたしました

2013年 慶應義塾大学出版会 井筒俊彦(1914-1993)は語学の天才と称されたほどの言語に優れ30以上を操って言語学、神秘主義、イスラーム、東洋思想などを横断的に研究した人物です。日本で最初の『コーラン』原典を訳し、刊行したことでも知られています。 本全集は当時2013年と ...

≫ 記事の続きを読む

マリー・ローラサン 油彩作品総目録 日本語解説書付きを入荷いたしました

1986年 ダニエル・マルシェッソー著 求龍社 マリー・ローラサン(1883-1953)はフランスで活躍した女性画家・彫刻家です。狂騒の20年代といわれた1920年代はアメリカを中心に文化・経済など爆発的に華を開かせた時代の渦中にありました。当時、ローラサンは人気を獲得し、パリの ...

≫ 記事の続きを読む

蒙古語大辞典 蒙和之部・和蒙之部 2冊揃を入荷いたしました

蒙古語大辞典 蒙和之部・和蒙之部 2冊揃 1971年 陸軍省編 国書刊行会  蒙古語とはモンゴル民族が現在まで使用している言語一般のことで、ハルハ蒙古語,ブリヤート蒙古語,ダフール蒙古語など地域的な偏差はありますが、現在ではモンゴル語といわれているものを指します。  本辞典は昭和 ...

≫ 記事の続きを読む

算命学(高尾学館)が入荷しました!

  編者の一人である高尾義政氏は高尾学館を創設した人物です。 算命学宗家であり文学博士でもある彼は、一子相伝と言われた算命学理論を、「学問は大衆の中に根ざしてこそ、初めて真の学問たり得る」という信念の元、昭和40年代に一挙公開しました。 算命学は自然学そのものであり、ご ...

≫ 記事の続きを読む

ドイツ神秘主義叢書を入荷いたしました

西谷啓治監 上田閑照ほか編 1999年 創文社  ドイツ神秘主義(ゲルマン神秘思想)は14世紀から顕著になった観想と神秘体験に基づくキリスト教内の宗教思想です。当時、救世主へ一心に身をささげる放下によって神と一体になることを望み、また自らの精神(魂)を見つめることを中心に据えた思 ...

≫ 記事の続きを読む

フランクリン・ライブラリー 全50冊揃を入荷致しました

フランクリン・ライブラリー 全50冊揃 1983年 フランクリン・ライブラリー 情報が少なく詳細が定かではないのですがフランクリン・ライブラリーとは、1980年代なかばから購入予約者のみに刷られた内外の有名な文学を収めた豪華装丁本のことで、当時一冊18000円だったといわれており ...

≫ 記事の続きを読む

フロイト全集をお売り頂きました!

フロイト全集 全22巻うち12巻欠の21冊 2009年 新宮一成ほか編 岩波書店 ジークムント・フロイト(1856-1939)はオーストリアの精神科医です。その評価は言うまでもなくマルクスとならび偉大だといわれており、現在の精神分析学のみならず、思想や哲学、文学などあらゆる方面へ ...

≫ 記事の続きを読む

隔蓂記をお売り頂きました!

隔蓂記 本篇6巻 総索1巻の全7巻 2006年 赤松俊秀編 思文閣出版 隔蓂記とは金閣寺住職の鳳林承章が43歳の1635年から68年に綴った後水尾上皇時代の30冊の日記です。承章は茶の湯などを通じ公家から武士町人に至るまで広い交流をもった人物です。後水尾上皇はもちろん千宗旦、小堀 ...

≫ 記事の続きを読む

機械学宣言 地を匍う飛行機と飛行する蒸気機関車を入荷致しました

機械学宣言 地を匍う飛行機と飛行する蒸気機関車 1970年 稲垣足穂・中村宏 仮面社  小説家である稲垣足穂と画家の中村宏との共著である本書は「機械は呪物である」という命題から始まります。抽象志向や飛行願望、メカニズム愛好にエロティシズム、天体やオブジェなどをモチーフにした作品を ...

≫ 記事の続きを読む

粉体技術と次世代電池開発 エレクトロニクスシリーズを入荷致しました

粉体技術と次世代電池開発 エレクトロニクスシリーズ 2011年 (社)日本粉体工業技術協会編    シーエムシー出版  化石燃料の枯渇や二酸化炭素による地球温暖化など環境問題が世界レベルで危機意識を持つことを呼び掛けています。そこで低炭素の実現の要として「電池」が注目され続けてき ...

≫ 記事の続きを読む

マルクス 資本論草稿集を入荷致しました

マルクス 資本論草稿集 全9冊揃 1981年 大月書店  カール・マルクス最大の著書『資本論』の草稿集です。『マルクス=エンゲルス全集(MEGA)』が底本にされています。このような草稿の研究というのは作者の意図に迫る大切な試みであると言えます。つまり『資本論』の第二巻と第三巻はエ ...

≫ 記事の続きを読む

川端康成全集をお売りいただきました!

川端康成全集 本巻35冊+補巻2冊の全37冊揃い 昭和56年 新潮社発行 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の作家である川端康成は、西欧の前衛文学を取り入れた新しい文学を志し「新感覚派」の作家として注目されました。 詩的、抒情的作品、心霊・神秘的作品、浅草物、 ...

≫ 記事の続きを読む

ホフマン全集をお売りいただきました!

ホフマン全集 既刊11冊うち6巻欠の10冊を入荷いたしました。 1976年 深田甫訳 創土社  エルンスト・テオドール・アマデウス・ホフマン(1776-1822)は作家として後期ロマン派を幻想文学で代表する一人です。彼の才能は作家にとどまらずに作曲や評論、画業、法律と非常に幅広い ...

≫ 記事の続きを読む

翻刻 江戸時代料理本集成を入荷致しました

翻刻 江戸時代料理本集成 全10巻別冊1巻 別冊付録付きを入荷致しました 1978年 吉井始子編 臨川書店  この集成は古典料理書五十種が収められた『江戸料理本集成(資料編)』の翻刻版です。 料理本というものは華があって実用書よりも視覚的に楽しめるという特徴があり、ひとびとの会話 ...

≫ 記事の続きを読む

古代氏族系譜集成を入荷いたしました。

古代氏族系譜集成 全三冊揃を入荷いたしました。 1986年刊行 宝賀寿男編著 古代氏族研究会  日本家系図学会及び家系研究協議会の会長である著者による日本古代史への系譜的総括というような本書。  江戸時代末期から明治時代初期にかけて紀州徳川家や明治維新後の新政府のもとでの系譜編纂 ...

≫ 記事の続きを読む

ライプニッツ著作集をお売りいただきました!

ライプニッツ著作集 本巻10冊+特典『ライプニッツの普遍計画』の全11冊揃を入荷いたしました。 1988年 下村寅太郎他監修 工作舎  ライプニッツは哲学や数学、科学、宗教など多岐にわたり思考を巡らせた西洋哲学を代表するひとりですが、10年の歳月をかけ、本「著作集」は完成を見まし ...

≫ 記事の続きを読む

韓国金銅仏研究を入荷致しました。

韓国金銅仏研究ー古代朝鮮金銅仏の系譜ー 外箱欠・函付きを入荷いたしました。 1985年刊行 松原三郎著 吉川弘文館  本書は美術史家で中国仏教彫刻史研究の大家である著者による中国や日本との比較におかれた古代朝鮮の仏教彫刻研究です。古代朝鮮の高句麗、百済、新羅の三国時代から統一新羅 ...

≫ 記事の続きを読む

鳥居龍藏全集 別巻共全13冊揃を入荷いたしました。

鳥居龍藏全集 別巻共全13冊揃を入荷いたしました。 1975年刊行 朝日新聞社  鳥居龍藏は日本の人類学の祖である坪井正五郎と関係を持つも、ほとんどを独学で開いていきました。そのため東京帝国大学の学者というよりは在野の研究者として自分を位置付けています。人類学だけでなく、民俗学、 ...

≫ 記事の続きを読む

外交史料 韓国併合 全2巻を入荷いたしました。

外交史料 韓国併合 全2巻を入荷いたしました。 2003年刊行 海野福寿編 不二出版  本書の成立の基盤は2001年より3度開催されたれ、各国の識者が集まり意見が交わされた国際学術会議「「韓国併合」歴史学的、国際法学的再検討」というプロジェクトにあったのですが、「韓国併合」に関す ...

≫ 記事の続きを読む

毎年恒例の神田古本まつりが今年も始まりました!

第60回 東京名物神田古本まつりが2019年10月25日(金)~11月4日(月・祝)の日程で開催中です! 初日はあいにくの雨でしたが、本日から秋らしい晴れ間が広がり、やっと祭りらしく賑わっております。 当店も外ワゴンにて大変お買い得な古書たちを大放出していますので、ぜひお立ち寄り ...

≫ 記事の続きを読む

戦國遺文 武田氏編が入荷致しました。

戦國遺文 武田氏編 全6巻うち6巻欠の5冊が入荷致しました。 2002年刊行 柴辻俊六他編 東京堂出版  『戦国遺文』は「後北条氏編」の編纂を始めとして、次いでそれに感化されることで成立したのが「武田氏編」です。後北条氏と武田氏の文書関連において決定的に不利な点は、両氏が戦乱の過 ...

≫ 記事の続きを読む

空海大字林が入荷致しました。

空海大字林 本巻+解説の一函2冊入が入荷しました。 1983年刊行 講談社   書家にして書道史研究家であられた駒井鵞静氏は『弘法大師書蹟大成』にて凡そ230字を活字化し、空海の字体研究の先人となったとか。 それを引き継ぐように、空海の字体研究を続ける飯島氏の此度の著は ...

≫ 記事の続きを読む

孝明天皇紀が入荷しました

孝明天皇紀 宮内庁蔵版 本巻5冊揃 1981年 吉川弘文館 平安神宮   本書は宮内庁の許可のもと、国学院大学教授藤井貞文博士の協力を得て再刊されたものです。 藤井貞文博士は、昭和・平成期の日本近代史学者 国学院大学名誉教授。 主著に「近世に於ける神祇思想」「明治国学発生史の研究 ...

≫ 記事の続きを読む

長島書店 出張買取対応エリア

関東地方を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP