菅江眞澄全集が入荷しました

Share on Facebook
LINEで送る

菅江眞澄全集 1~12巻+別巻1巻の13冊で(既刊分)

内田武志ほか編 未来社

 

江戸後期の国学者・旅行家である。本名白井秀雄。

賀茂真淵の門人植田義方に国学を学び,名古屋藩の薬園で薬草栽培にたずさわり本草学を修めた。

また、尾張の儒者丹羽謝庵から漢学を学んだ。

1781年三河の郷家を出て信濃,越後,秋田,津軽,南部,蝦夷地を遊歴。

数多くの紀行は和歌をまじえた和文に自筆の挿絵を添えたもので,「真澄遊覧記」などにまとめられている。

紀行文には各地の民俗資料についても細かな記述がなされており、

当時の各地の年中行事、伝承習俗や庶民生活の実際を詳しく知ることができる。

貴重な民俗資料として早くから柳田国男が注目していた。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら