京都名家墳墓録 附・略伝並に碑文集覧 が入荷しました

Share on Facebook
LINEで送る

京都名家墳墓録 附・略伝並に碑文集覧 が入荷しました。

京都における掃苔家として著名な寺田貞次は幼年の頃より、聖蹟・陵墓に興味を抱き、多年に渉り、寸暇を惜んでその資料を集め、人生の大半を京都の墳墓に費やした人物である。

本書は、著者が小樽高商に奉職していた大正11年に、山本文華堂より上下二巻本として上梓された。翌年再版がされて以来、長年絶版になっていた。一時は一般の方はほとんど入手困難となり、稀覯書として永らくその再版が期待されていた。
他の墓所誌・掃苔録には観られない詳細な配慮のもと編述されており、掃苔録としては最高位に属するといえる1冊となっている。

※買取致しております。不要となりました本がございましたら、是非お気軽にご相談下さい。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら