足利尊氏文書の研究 全4冊1函 入荷しました。

Share on Facebook
LINEで送る

足利尊氏文書の研究 が入荷しました。

書 書状 写本 絵巻物などの詳細な研究と、その基礎資料集成において、日本の人文科学の金字塔を打ち立てた小松茂美。古筆学を樹立したことで広く知られている。

本書は、現存する足利尊氏文書272通を書風によって分類し、自筆のものと代筆のものとに区分し、文書の執筆者と内容、事情などを徹底研究。全ての文書の写真図版は「図版篇」に収め、日録として尊氏の全生涯を詳細に辿った年譜も収録。

※古筆学・小松茂美関係の書籍など買取強化中。
書道史・美術史・工芸史・書誌学・国文学・歴史学・仏教学などなど…その他ジャンル幅広く査定致しております。また、書籍以外の買取りも致しておりますので、どうぞお気軽にご相談下さい。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら