日本語の構造 推論と知識管理、ほか入荷しました

Share on Facebook
LINEで送る

日本語の構造 推論と知識管理
『日本語の構造 推論と知識管理』田窪行則/著 2010年 くろしお出版
 「ところ」「って」「いまごろ」など、普段は見逃してしまいがちである日常語のふるまいの考察を通して、日本語の言語としての本質に迫る。生成文法から語用論、日本語教育まで、幅広い分野を守備範囲とする著者による日本語研究分野に関する論考の著作集。様々な分野の論文に数多く引用され、また入手がしにくかったを論文を一冊に収録。各部に解説・索引付。
 
日本語機能的構文研究』高見健一・久野暲/著 2006年 大修館書店
 独自の手法によってこれまで数多くの言語現象を解き明かし、常に言語学界に刺激を与え続けてきた高見・久野両氏による一冊。「~ている」構文、「ろくな/大した…ない」構文、「VかけのN」構文など、8つの主要構文を取り上げ、その一つ一つに関して丁寧な分析を試みる。言語学界に新たな一石を投じる論文集。
 
※ 古書のお買い取りいたします。買取りジャンルは問いません!

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら