漢方医学大系や方術説話など東洋医学に関する本をお売り頂きました

Share on Facebook
LINEで送る

買取方法

出張買い取り

ご住所

東京都品川区西大井

ジャンル

漢方、東洋医学

作品詳細

漢方医学大系 18冊 龍野一雄 雄渾社
方術説話 5冊 荒木性次 方術信和会
全訳 金匱要略 明徳出版社
七合 荒木性次 方術信和会
傷寒論・金匱要略 方術信和会
治験例集 相川隆三郎
増訂 和漢薬考 小泉栄次郎 生生舎出版部
医方集解 国書刊行会
霊枢臨床索引集 国書刊行会
金匱要略臨床索引集 国書刊行会
素問臨床索引集 国書刊行会
訂字標註傷寒論 和装本
不問診断学 宇和川義瑞
意釈黄帝内経素問 築地書館
意釈黄帝内経運気 築地書館
中国 漢方医学概論 中国漢方医学概論刊行会
附子の研究 文献篇
日本薬草全書 新日本法規

スタッフから一言

漢方医学大系や素問臨床索引集など漢方や東洋医学に関する本を出張にて買い取りさせて頂きました。お譲り頂きました漢方書の中に方術説話がございましたが、聞きなれない方もいるかと思いますので、方術説話についてご説明させて頂きますと、まず方術の起源は極めて古く中国神農の時代に肇まり、それが後漢の時に至り南陽の張機という人により大成せられ傷寒雜病論と名づけられて世に出されたもので、あらゆる治法の原則とあまたの神奇な良方とを藏めた実に世上無比の方書との事。そしてこの方術説話は、此の傷寒雜病論を古今東西の名師良匠と言われた人々の論説治験を根底に、著者荒木性次氏の見解を載せた本となっております。こういった専門的な漢方書は買取金額の高い場合が御座いますので、漢方に関する古書を売るならお任せ下さい。適切に評価致しますのでお気軽にご相談頂けましたら幸いです

 

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら