倫理学と対話、ほか入荷しました

Share on Facebook
LINEで送る

倫理学と対話

『倫理学と対話 道徳的判断をめぐるカントと討議倫理学 叢書・ウニベルシタス992』アルブレヒト・ヴェルマー/著 加藤泰史/監訳 法政大学出版局 2013年
 ハーバーマスやアーペルらが言うところの「討議倫理学」と「真理の合意説」に対して、可謬主義的な視点からの批判を展開するとともに、カント哲学への精緻な再検討を行うことにより、倫理学を対話によって切り開く可能性を探る。
 
『言葉の暴力 「よけいなもの」の言語学 叢書・ウニベルシタス893』ジャン=ジャック・ルセルクル/著 岸正樹/訳 法政大学出版局 2008年
 従来の言語学が「よけいなもの」として切り捨ててきた言葉遊びや隠喩・洒落・誤用言葉等の無意識的な現象を考察の対象として捉え、分析することによって従来の言語学からの脱構築を試みる。
 
※ 哲学・倫理学や言語学等に関する本の買い入れを致しております。質問・ご依頼等メールまたはフリーダイヤルまでご連絡ください。店頭で買取も致しております。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら