江戸座画賛の迷宮へいざなう1冊

Share on Facebook
LINEで送る

かつて、“江戸座”という俳諧の一派がありました。松尾芭蕉の死後に江戸で都会趣味的な洒落と機知とを主とする句を作ったといいます。芭蕉の門人・宝井其角(きかく)に始まり、江戸都市文化開花の下地を養ったともいわれています。

 

こちらは、先日入荷しました、画賛句集『俳諧絵文匣』についての書籍です。

俳諧絵 注解抄

本書は、古今東西、実在・架空の著名人物を題材とした画賛句集『俳諧絵文匣』の注解書です。「『絵文匣』というテキストは、何度も読んでいるうちに謎の解けてくる不思議な画賛集である」と語る編著者が、古辞書・俳文集・絵手本などの文献を博捜。江戸座俳句を読み解いています。

店頭にて販売中です。

その他、古典文学・中世文学・近世文学の各種研究書も入荷しています。ぜひお立ち寄りください。

★☆古本の買取り実施中★☆

ジャンルを問わず受け付けています。メールまたはフリーダイヤルにてお気軽にご連絡下さい。

※本の量や内容によってはご希望に添えない場合もございます。あらかじめご了承いただけますよう、お願い申し上げます。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら