池澤夏樹=個人編集 世界文学全集、入荷しました

Share on Facebook
LINEで送る

存在の耐えられない軽さ

池澤夏樹=個人編集 世界文学全集は第三集構成で全30冊です。

今回入荷したものは、第三集の3巻欠の29冊+「池澤夏樹の世界文学リミックス」付の30冊。

こちらはセット販売ですが、別入荷の十数冊はバラで店頭販売しております。

そちらから2冊ご紹介いたします。

 

『存在の耐えられない軽さ 1-3巻』クンデラ/著 西永良成/訳 2008年 河出書房新社

 人生は常に選択を迫る。「プラハの春」賛同者への残忍な粛正、追放、「正常化」という大弾圧の時代を背景にした4人の男女の愛と受難の物語。フランス亡命中に発表されるや全世界に大きな衝撃を与える。今回の翻訳は、クンデラ自身が徹底的に手を入れ改訳を加えて、真正テクストと認めるフランス語版からの新訳決定版。 

 

『ハワーズ・エンド 1-7巻』フォースター/著 吉田健一/訳 2008年

 人と人は真に理解しあうことができるか。ドイツ系の進歩的な知識人家庭で育った二人の姉妹は、ある時まったく価値観の異なる保守的なブルジョワ一家と出会う。イギリス社会のさまざまな階層の人間に触れながら、それぞれの運命をたどっていく。愛と寛容をめぐる不朽の名作。

 

※ 古書のお買取いたします。古書買取のご相談・ご依頼はフリーダイヤルまたはメールまでご連絡ください。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら