最強戦闘機 紫電改、ほか戦記関係の本が新入荷しました

Share on Facebook
LINEで送る

最強戦闘機 紫電改

『最強戦闘機 紫電改 甦る海鷲』 「丸」編集部編 2010年 光人社

 零戦の後継機として期待され、優れた空戦性能と高速を誇った「紫電改」

連合軍側コードネーム“GEORGE”―初陣において米艦載機をつぎつぎと撃墜して敵機パイロットを震撼させた「紫電改」のすべてを徹底研究する完全保存版。

 

『日本海軍戦闘機隊 戦歴と航空隊史話』 奏郁彦ほか/著 2010年 大日本絵画

 日本海軍に戦闘機隊が生まれたのは第一次世界大戦後の大正10年(1921年)。本書は日本海軍戦闘機隊のはじまりから終焉までを、主に戦史を軸として写真、図版で記述する。

 

『日本海軍戦闘機隊2 エース列伝』 奏郁彦ほか/著 2011年 大日本絵画

 第一次大戦で戦闘機という機種が出現すると、空中戦で5機以上を撃墜した者をエースと呼ぶ風習が生まれ、戦闘機搭乗員が戦いの空で活躍した。日本海軍戦闘機隊のエース161人の戦歴を列伝形式で紹介。

 

※ 古書買取いたします。戦記・歴史関係の古書買取はフリーダイヤルまたはメールまでご連絡ください。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら