1970年代発行の雑誌「エピステーメー」

Share on Facebook
LINEで送る

この耳慣れない単語、「エピステーメー」とは?

創刊準備0号の編集後記によると…

"芸術と科学が戯れる劇場または、これらが変様するときのドラマトゥルギーの痕跡としてのテクストであろうとするこの雑誌は、ミシュル・フーコーのひそみにならって「エピステーメー」と名づけられる"ということらしいのです。

 

さらにそれは、"特殊な残留の同時的なたわむれであり、継起的な諸偏位の複合的関係なのだ"といっております。

エピステーメー

主な特集・J・ラカン 時間 脳と精神 ウィトゲンシュタイン 現代数学 数学の美学など

 

店頭にて販売中です。お問い合わせもお気軽にどうぞ。


当店では、古本の買取をいたしております。

整理・ご処分をご検討のお客さまはぜひ一度フリーダイヤルへお電話ください。

お待ちしております!

 

 

 

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら