摂大乗論 上下巻 インド古典叢書の入荷です

摂大乗論 和訳と注解1

1993年 長尾雅人 講談社

 『摂大乗論』は瑜伽行唯識学派に属する論書で、その名”大乗を該摂するの論”が示すように、一つの体系的な大乗概論である。しかし、小乗から区別さてれ大乗だけが説かれているというのではく、そこには原始仏教以来の教理や思想も多く引用されて、アビダルマ(阿毘達磨)的な議論も縦横に駆使さてれいて、全仏教が総合されている。その意味で、全仏教の帰結がそこに見られ、全仏教の大乗の立場からの概論である。…『摂大乗論』はこのような論書の随一である。ー本文「序説」よりー

著者の40年余にわたる研究の成果は日本における新しい仏教学研究の第一歩を劃するものである。散佚した原初サンスクリットテクストのあるべき様を模索、チベット訳・諸漢訳を対照・検討し、総合的な視点での訳出が試みられている。本書は仏教を学ぶ人々の必読書となるでしょう。

オンラインストアはこちら

★不要となりました本お売りください!
当店では、本の量が多く、東京・神保町の店舗までのお持ち込みが困難な方へ、無料で出張もしています。お気軽にお問い合わせください。
※申し訳ございませんが、内容や量によってはお伺いできないこともございます。あらかじめご了承ください。
買取ジャンルは問いません!
仏教書・宗教書・歴史書・社会科学書・哲学書・心理学書・理工書・人文科学書・国文学書・文学全集・戦記・軍記・戦史などの各種専門書から工芸書・写真集・書道書・美術書等、趣味の本など幅広く買取しています。
浮世絵・掛け軸・版画等古本以外の骨とう品・美術品も査定の上、金額にご納得いただけましたら、買取させていただきます。


よろしければシェアお願いします

2022年8月に投稿した長島書店の記事一覧

この記事のトラックバックURL

長島書店 出張買取対応エリア

関東地方を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP