今年も明治古典会七夕入札会の季節になりました

Share on Facebook
LINEで送る

2018年第537回目の七夕古書入札会は7月6日(金)7日(土)が一般下見会となります。

今年は明治150年という説目のから明治という時代を軸に明治時代の以前、以降の書物文化文献を多数出品されております。例えば夏目漱石の「吾輩は猫である」初版本揃いや北原白秋「邪宗門」函付き、漱石自筆原稿、高村光太郎書簡、など明治時代の文学書や原稿・草稿・手紙など肉筆物、近代文献資料などなど。その他にも古典籍や古写経、唐本、浮世絵、古地図、古文書、古書画など古い本から恩地孝四郎の版画や美術・工芸・写真など見るだけで楽しい物まで多数出品されています。日本の物以外にも郭沫若の掛け軸や蔣介石草稿、拓本、印譜集など中国美術に関する物も出品されております。
滅多に見れない物が直に手に取って見れますので、お気軽にご来場してみて下さい。会場は、千代田区神田小川町の東京古書会館。入場料は無料です。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら