画家がいる「場所」、ほか入荷しました

Share on Facebook
LINEで送る

画家がいる「場所」

『画家がいる「場所」 近代日本美術の基層から』五味文彦/編 2000年 吉川弘文館

 黒田清輝、青木繁、木村荘八、萬鉄五郎、岸田劉生、川上涼花、古賀春江、坂本繁二郎、松本竣介の9人の画家を取り上げ、それぞれの画家が生まれ生活してきた「場所」、そして作品の生れた「場所」を見つめ直すことによって、今まで語られてこなかった視点から画家と作品に光をあてる試み。
 
『絵とき 広告「文化誌」』宮野力哉/著 2009年 日本経済新聞出版社

 売り声やのれん、看板に新聞広告、ポスター、自動車、アドバルーン等々。古代からはじまり、室町、江戸、そして明治、大正、昭和に至るまで、人目を引くよう様々な方法で行われてきた「広告」を時代ごとに取り上げ、その広告にまつわるユニークなエピソードと図版からその創意と工夫の軌跡をたどる。
 
※ 古書のお買取り致しております。お売り下さる方は、フリーダイヤルまたはメールまでご連絡ください。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら