二十世紀の日本とは、国土とは何か? 

Share on Facebook
LINEで送る

国土に映る、百年の物語!

フーコーやベンヤミン、そして柳田国男の視点を踏まえて、現代における“社会記述”の可能性を探ってきた著者が、「日本」という存在の同一性を支え基盤となる場である「国土」の運命を壮大な構図のもと描いた労作。

「国土論」

国土論

2002年 筑摩書房発行

二十世紀初頭、沈黙と恐怖のうちに浮上した「国土」というトポス。

著者は本書を「二十世紀日本という社会性の場を現在へ通り抜ける、あるパサージュの試みである」という。

 

第1部、「天皇の国土」にはじまり、「成長の斜面」、「零の修辞学」、「廃墟」と進んでいく4部構成。

百年の歴史が現代に問いかけるものとは果たして…。

「国土論」は店頭にて販売中です。

☆古本の買取も大歓迎です。出張買取のご依頼・ご相談はフリーダイヤルまたはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

 

お待ちしております!

 

 

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら