彫刻とはなにか、ほか新入荷本

Share on Facebook
LINEで送る

彫刻とはなにか

『彫刻とはなにか 特質と限界』 ハーバート・リード/著 宇佐美英治/訳 1980年 日貿出版

 彫刻は芸術としての独立性を確立するのに、終始困難をおぼえてきた。本書は適切な図版を附し、彫刻藝術の美学を明らかにする。

 

『江戸の遠近法 浮絵の視覚』 岸文和/著 1994年 勁草書房

 江戸中期、浮世絵の世界に現われた浮絵。吉宗の時に流行した浮絵は「むかふへくぼみて見ゆ」る奥深い空間に、前景の事物が浮いて見える絵のことである。西洋の遠近法を用いたこの浮絵の成立と変容を、芝居と遊廓を描く作品の空間構造を手がかりに解いていく。

 

※ 美術関係の古書のお買取いたします。 西洋美術、東洋美術、絵画、彫刻、版画、骨董の古書や、古本以外でも浮世絵、シルクスクリーン、版画等のお買取もいたします。 お問い合わせ・ご依頼はフリーダイヤルまたはメールまでご連絡ください。 

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら