古代日本の文字世界、ほか新入荷

Share on Facebook
LINEで送る

古代日本の文字世界

『古代日本の文字世界』 平川南/編 2000年 大修館書店

 発掘された文字たちは何を語るのだろうか。卑弥呼の時代から万葉集まで、考古学・古代史・国語学・国文学の第一人者が一堂に会した、1998年11月に開催のシンポジウムの記録を大幅に増補し、古代の文字世界を再現した。用語には丁寧な脚注、各学問の最新の研究成果をわかりやすく示す。

 

『開国と英和辞典 評伝・堀達之助』堀孝彦/著 2011年 港の人

 幕末の嘉永6年、ペリー黒船来航の際に英語の通訳として活躍し、日本初の本格的な英和辞書「英和対訳袖珍辞書」を誕生させた。幕末国家の最前線で異文化接触した一幕臣の生涯を「開国経験」の思想史というスタイルで描く。

 

※ 古書のお買取したします。 辞書、語学・言語学等の古書の買取は、フリーダイヤルまたはメールにてお問い合わせください。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら