書物誕生、あたらしい古典入門

Share on Facebook
LINEで送る

書物誕生

岩波書店発行の「書物誕生 あたらしい古典入門」が11冊入荷いたしました。

全巻揃いではないので、1冊ずつのバラ売りです。

その中から2冊ご紹介します。

『臨済録 禅の語録のことばと思想』小川隆/著 2008年発行

 修行者がめざした「本分事」(本来の自己)とは、何だったのだろうか。鈴木大拙の言う「禅によって生きる」とは、いかなることなのか。難解な禅の語録を実践的な「場」の言語として丁寧に読み解きながら、宋代、そして現代に至るその解釈の転換の意味を読み解く。

 

『バガヴァッド・ギーター 神に人の苦悩は理解できるのか?』赤松明彦/著 2008年発行

 人間の苦悩の果てに、変わったものとは。

非暴力をつらぬくガンディーの精神的なよりどころとなり、死の床にあるシモーヌ・ヴェイユも翻訳に没頭した、ヒンドゥーの聖典。

 

※ 古書のお買取いたします。古書買取のご相談・ご依頼お待ちしております。フリーダイヤルまたはメールまでご連絡ください。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら