講談社学術文庫、新入荷

Share on Facebook
LINEで送る

ペリリュー・沖縄戦記

『ペリリュー・沖縄戦記 講談社学術文庫1885』ユージン・B・スレッジ/著 伊藤真ほか/訳 2015年 講談社

 「戦争は野蛮で、下劣で、恐るべき無駄である」
硫黄島に匹敵する損害率を記録した1944年秋のペリリュー島攻略戦。45年春の沖縄上陸戦。
二つの最激戦地でアメリカ海兵隊の一歩兵が体験した「栄光ある戦争」の現実とは何か。
敵味方を問わずおびただしい生命を奪い、人間性を破壊する戦争。この悲惨を克明かつ赤裸々に綴る、最前線からの証言。

 

吉田茂=マッカーサー往復書簡集  1945-1951 講談社学術文庫2119』袖井林二郎/編訳 2012年 講談社

 「戦争で負けても外交で勝つ」ことをモットーにした吉田茂は、マッカーサーとの外交に最大のエネルギーを注ぐ。それが占領下日本における政治のすべてだからだ。存在さえも隠されていた幾多の書簡は、息詰まる折衝の全容を明らかにした。何を護持したかったのか。いったい何が、保守できたのか。孤軍奮闘、臣茂。民主改革、阻むために。

 

※ 文庫本お買取いたします。講談社学術文庫をはじめ、講談社文芸、岩波文庫、ちくま学芸文庫、ちくま文庫等。古書買取のご相談・ご依頼お待ちしております。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら