柿本人麻呂(全)

Share on Facebook
LINEで送る

柿本人麻呂

『柿本人麻呂 全』橋本達雄/編 2000年 笠間書房

 日本の和歌史は人麻呂に始まり、そして人麻呂に回帰するといってもよい。近年の研究では、一首一首の歌を丹念に読み直す傾向が強くなっている。あらためて全作品を一望し、その上に立って個別の問題を考えていくことも必要である。人麻呂の全貌、詠歌が集束した1冊。

 

『人麻呂の方法 時間・空間・「語り手」』身崎壽/著 2005年 北海道大学図書刊行会

 本書は古代和歌がその始発期である万葉時代において、詩的=和歌的表現の可能性をどのようにしてきりひらいていったかを、万葉歌人柿本人麻呂の作品の分析を通じて究明する。

 

※ 古書買取いたします。国文学、全集、和本等お買取いたします。フリーダイヤルまたはメールにてお問い合わせ・ご依頼承ります。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら