狛犬とおキツネさん

Share on Facebook
LINEで送る

狛犬学事始

狛犬とお稲荷さんの本が入荷いたしました。

本日より店頭販売しております。値段も1,200円からとお買い求め頂きやすいお値段です。どんな内容なのか、中から2冊ご紹介いたします。

 

『狛犬学事始』ねずてつや/著 2002年 ナカニシヤ出版

 宇治・南山城の全狛犬150対を徹底調査した。狛犬の歯の本数、耳、しっぽ、獅子との違い、歴史性や地域性。狛犬のルーツを求めて日本全国、アジア諸国へと、コマイヌ生態学の謎にせまる。

 

『東京のおキツネさん』竹内敏信/監修 平川正枝/著 2004年 出版芸術社

 稲荷のキツネは「近づきがたいもの、おどろおどろしいもの」と言われている。しかし、こちらが厳粛で畏敬の気持ちを抱き、芸術品として眼を向けたとき、氏子の方々、講中の人、石工たちの自由な発想が生かされ、造られているのがわかる。表情豊かで個性的なキツネ像、稲荷信仰にまつわる話とともにつづる写真集。

 

※ 寺社に関する古書、宗教・仏教・仏像等の古書、和本・全集・大型本のお買取いたします。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら