エニグマ・コード、ほか新入荷いたしました

Share on Facebook
LINEで送る

エニグマコード

『エニグマ・コード 史上最大の暗号戦』ヒュー・S=モンティフィオーリ/著 小林朋則/訳

 ナチ・ドイツが絶対解読不可能と豪語して使っていた暗号装置、エニグマ。

エニグマについて書かれた本は多いが、どれも共通しているのは「イギリスがナチ・ドイツの極秘文書を読むことができたのは、ひとえにブレッチリー・パークに集められた暗号解読の天才たちのおかげである」という点だ。

しかし、解読に成功したのは、エニグマの暗号表と操作マニュアルを、スパイやイギリス海軍一般兵たちが身の危険を顧みず、ときには自分の命と引き換えにして手に入れたおかげなのである。

ドイツ軍のUボートや武装トロール船を次々に奇襲して、暗号表や暗号機本体を多数捕獲。この捕獲作戦の「ガサ入れ」と、暗号を解読していくプロセスの二つが本書の柱となっている。

 

『基礎暗号学 情報セキュリティのために』1・2の2冊揃 加藤正隆/著 1989年 サイエンス社

☆ ご紹介した2点共、現在店頭にて販売中です。

 

※古書買取しております。古書買取についてのお問い合わせ・ご依頼、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら