萩原朔太郎/みすず書房、新入荷いたしました

Share on Facebook
LINEで送る

萩原朔太郎

『萩原朔太郎』全2冊 飯島耕一/著 2004年 みすず書房

 白秋からやってきた象徴詩を受けつぐべき者として朔太郎は決定的な位置に立っていた。蕪村や子規、漱石から日夏耿之介、辻潤へ、キュビスムやシュルレアリスムなど、文学空間を自在に往来し、かつ詩的言語の深部を探り、朔太郎という存在を歴史のなかに位置付ける。

 

『白秋と茂吉』飯島耕一/著 2003年 みすず書房

 茂吉に比べて、白秋の存在は名のみ先行して余り読まれていないようであるが、白秋の詩のすばらしさは、萩原朔太郎が彼を師と仰いだ一事をもってしても推察されよう。本書は、白秋と茂吉の作品と生涯を対比しつつ、異なる特性を詳細に鑑賞・吟味している。

 

※ 古書買取いたします。全集、初版本、限定本、署名本、サイン色紙、原稿等もお買取いたします。ご依頼、お問い合わせはフリーダイヤルまたはメールまでお願いいたします。

 

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら