日本伝統の装いについて知る本

Share on Facebook
LINEで送る

「小袖 kosode 日本伝統の装い、その華やかな歴史をたどる」

小袖

長崎巌著                  2006年ピエ・ブックス発行

こちらは、現在の"きもの"の原形であるといわれている「小袖」についての本です。小袖とは、小さい袖口を持った衣服のことで、小袖には、洋服のような筒袖をものも、きもののように袂を持ったものも含まれます。桃山時代から江戸時代の小袖を豊富な写真とともに紹介しています。模様の美しさ・多彩さに驚かれると思いますよ。

巻末・資料編の「きもの」の各部の絵付き名称解説や「綸子(りんず)」「熨斗(のし)」などの現在では耳慣れない言葉の解説も読者にとってはうれしいですね。

店頭にて販売中です。在庫のお問い合わせもお気軽にどうぞ。


当店では古本の買取を行っております。ジャンルを問わず受付けておりますのでぜひ一度フリーダイヤルへお電話ください。お待ちしております!

 

 

 

 

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら