魔術の帝国、ほか新入荷いたしました

Share on Facebook
LINEで送る

魔術の帝国

『魔術の帝国 ルドルフ二世とその世界』R.J.W.エヴァンズ/著 中野春夫/訳 1988年 平凡社

 ハプスブルク家のルドルフ二世、神聖ローマ皇帝であり、ボヘミア=ハンガリー王を兼ねた彼は、ヨーロッパ全君主のなかでも指折りの畸人であった。第一章では政治的問題を概観する。中間の章では、ルドルフ本人の考察、彼を取り巻く世界とボヘミア的背景との密接な関係に対象を絞っていく。最後の二章で広い文化的問題を考える。ボヘミアが中央ヨーロッパとともに国際的な中心地となり、世界の舵取りを務めた時代であった。

 

『アビ・ヴァールブルク 記憶の迷宮』田中純/著 2001年 青土社

 図像表現の細部に宿るパトスを一身に受けとめた美術史家アビ・ヴァールブルクの、その妄想と錯乱を孕んだ思考のただなかに沸騰する情念の論理を精緻に解読する。20世紀思想史の未踏の領野を照らしだす力作である。

 

※ 古書の買取いたします。ご依頼・お問い合わせは、古書買取専用フリーダイヤルまたはメールまでお願いいたします。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら