ムッソリーニ 他 新入荷本

Share on Facebook
LINEで送る

ムッソリーニ

『ムッソリーニ』上下2冊揃い

ニコラス・ファレル/著 柴野均/訳 2011年 白水社

ムッソリーニ、彼が生きた時代においてもっとも議論された人物であり、そのほとんどは好意的なものであった。

ムッソリーニのことを「神に遣わされた人物」「同時代のイタリアでもっとも偉大な人物」「ローマの天才」と呼んだ。しかし、歴史は勝者たちによって書かれるものであって、ムッソリーニが敗者となったあとでは、史上最悪の人物のひとりという彼の位置は動かしがたいものとなる。彼はどこで誤ったのか。

 

『ナチ略奪美術品を救え 特殊部隊「モニュメンツ・メン」の戦争』

ロバート・M・エドゼル/著 高儀進/訳 2010年 白水社

「モニュメンツ・メン」とは第二次大戦下の1943年から戦後51年まで、連合軍の「記念建造物・美術品・古文書」(略称:MFAA)部隊所属の兵士たちの呼称。彼らの任務は教会や歴史的な建造物に対する戦闘被害を少なくすることだった。やがてその任務は、ナチ狂信者たちが略奪した美術品・文化財を探し出し、救出することに移っていった。

※西洋史、戦記、歴史関係書籍、お買い取りいたします。

 お問い合わせはフリーダイヤルまでお願いいたします。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら