精神の病とは何なのかを考える選集

Share on Facebook
LINEで送る

日本を代表する精神科医といっても過言ではない、土居健郎氏。

土居氏が日本人のパーソナリティーを理解するために導入した「甘え」の理論はいまや世界的に高く評価され、精神分析の理論構成のため不可欠な鍵概念になっている。

土居健郎選集では、思想や方法の原点にはじまり、その全仕事を紹介する。

内容は以下の通り↓

1、精神病理の力学

2、「甘え」理論の展開

3、精神分析について

4、精神療法の臨床

5、人間理解の方法

6、心とことば

7、文学と精神医学

8、精神医学の周辺

土居健郎選集 8冊揃い

本日入荷いたしました!

お問い合わせは、お気軽にどうぞ。

 

 

 

 

 

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら