精説 沖縄空手道 その歴史と技法 が入荷しました

Share on Facebook
LINEで送る

精説 沖縄空手道 その歴史と技法 が入荷しました。

沖縄三大流派、剛柔流・上地流・小林流のひとつである『上地流』。肉体を極端に頑強に鍛え上げることが特徴的で練習の際も、肩・腹・足など全身を叩いて回る激しい修練で知られています。今回は、上地流の練習法・特性の他、沖縄空手道の技法~歴史まで、空手道の神髄に迫った1冊が入荷しました。

第1編「空手道の型」第2編「基本技術の理論と練習法」第3編「空手道の歴史」第4編「沖縄の空手・古武道界」といった構成となっている本書。上地流空手道過去50年の総括であり、今後の上地流の再出発の基点にもなっているという。第1編より上地流諸技法の濃縮された結果、入門書というよりは技術専門書的な資質を帯びた本格的な内容。沖縄空手の歴史と技法を精説しており、世界中からその多くの武道家を惹きつける沖縄空手の魅力が垣間見える1冊となっています。

※空手・武道関係の本買取り致します!
当店では様々なジャンルを買取りも致しておりますので、古書の整理や不要な本など御座いましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら