「東京裁判における通訳」を入荷しました

Share on Facebook
LINEで送る

東京裁判における通訳

『東京裁判における通訳』武田珂代子/著 2008年 みすず書房
 本書は、東京裁判の通訳について、一体誰がどのように通訳業務を行っていたのかについて、様々な事実を明るみに出す試み。
 日米両国で得た多くの資料やインタビューから、通訳作業の全体像を概観し、通訳体制の三層構造や通訳手順成立の過程、二世モニターの複雑な立場といった、東京裁判において特徴的であった部分に焦点を当て考察を行う。
 また、東京裁判通訳に関する事象を、ここ数十年で急速に発展した通訳・翻訳学における理論や概念を基にして分析・考察を試み、東京裁判の歴史的・政治的文脈だけでなく、裁判関係者間の力関係や通訳作業に関わった人々の社会的・文化的背景にも目を向けつつ、通訳事象の説明を行う。
 新しい次元に進んでいく東京裁判に関する研究の嚆矢となる一冊。
 
※ 古書のお買取り致しております。お売り下さる方は、フリーダイヤルまたはメールまでご連絡ください。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら