フェミニズムと表現の自由、ほか入荷しました

Share on Facebook
LINEで送る

フェミニズムと表現の自由

『フェミニズムと表現の自由』キャサリン・A・マッキノン/著 奥田暁子他/訳 2004年 明石書店
 アメリカ社会において自由の象徴とされた「ポルノグラフィ」の中に、女性の服従という社会的現実の構成装置を存在をあぶり出す。すべての女性の人間としての「生」の獲得という課題に対し、より根源的な部分にまでに迫ろうとする気概に溢れた講演集。
 
『ナチズムと強制売春 強制収容所特別棟の女性たち』クリスタ・パウル/著 イエミン恵子他/訳 1996年 明石書店
 ナチスは軍需生産のため動員された強制収容所囚人やSS隊員、兵隊のために売春宿を設置し、女性の囚人を強制的に卑しめていた。本書は近年ドイツフェミニズムが関心を向けている「戦争と性」に関するテーマにつながるものであり、これまではタブー視されてきたナチスの性犯罪に正面から挑む。
 
※ 古書のお買取り致します。お売り下さる方は、フリーダイヤルまたはメールまでご連絡ください。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら