航海技術の歴史物語、ほか入荷しました

Share on Facebook
LINEで送る

航海技術の歴史物語

『航海技術の歴史物語 帆船から人工衛星まで』飯島幸人/著 平成14年 成山堂書店
 大海原に繰り出す人びとは、何を目印として航海をしているのか。古くは感覚や天体によってその航路を定め、現代においては人工衛星を利用して船を進める。古代から現代にいたる航海技術の発展をたどる物語。
 
『帆船 6000年のあゆみ』ロモラ&R.C.アンダーソン/著 杉浦昭典/監修 松田常美/訳 平成13年 成山堂書店
 南方船と北方船という二つの源流から15世紀に2つが合わさり、標準型全装帆船を生み出す。帆船は19世紀のクリッパーによって成熟期を迎え、その後徐々に蒸気船にとって代わられていく。帆船をめぐる6000年の歴史を多くの文献、図版を用い解説した名著。
 
※ 本のお買取りいたします。幅広いジャンルを取り扱っておりますので、お売りされたい本がございましたら、当店まで是非ご相談ください。ご質問等もお気軽にお問い合わせください。ご連絡は、メールまたはフリーダイヤルまでお願いいたします。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら