水木しげるの妖怪文庫

Share on Facebook
LINEで送る

水木しげるの文庫本入荷しました!

妖怪文庫

妖怪も気になりますが、ねぼけ人生、気になりますね。

目次を読んでみると、「落第」「戦争」「貧乏」「多忙」で4章に分けられています。

またその中から気になるタイトルの「熱中した趣味と遊び」から読んでみます。

水木しげるはどんな子供だったのでしょうか。

 

ゆっくり朝寝坊をして、ゆっくり朝飯を食べてから学校へ行き、1時間目の算数は0点ばかりちょうだいした。

勉強以外で得意なことが多く、夏になれば海水浴、秋の運動会では代表選手だった。

ケンカも強く、しだいにガキ大将になり、クラスや近所の子供たちはみんな子分のようなものだった。

その中でも、とりわけ親しい子分、親衛隊か副官といった存在の「ネコ安」という子分がいた。

名前の由来は猫そっくりな顔をしていたためである。そしてそのガキ大将と副官のいたずらの数々...

 

ガキ大将だったとは意外でした!ただ今店頭販売しておりますが、売れてしまったらごめんなさい。

 

水木しげるの文庫、漫画、色紙、等 お買い取りいたします。

お問い合わせはフリーダイヤルまでお願い致します。

 

 

 

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら