2021年8月

愛蔵版 高麗茶碗 全5冊揃を入荷いたしました。

平成3年 林屋晴三編 中央公論社 高麗茶碗は16世紀半ばから日本の茶道でもちいられた分類の一つです。朝鮮で焼かれた日常の雑記を日本の茶人たちが激励して茶器として使用したものです。高麗茶碗と名称されるものは高麗時代ではなく、朝鮮王朝時代のものがそれと呼ばれています。 朝鮮での主流は ...

≫ 記事の続きを読む

PAGE TOP