2019年10月

空海大字林が入荷致しました。

空海大字林 本巻+解説の一函2冊入が入荷しました。 1983年刊行 講談社   書家にして書道史研究家であられた駒井鵞静氏は『弘法大師書蹟大成』にて凡そ230字を活字化し、空海の字体研究の先人となったとか。 それを引き継ぐように、空海の字体研究を続ける飯島氏の此度の著は ...

≫ 記事の続きを読む

PAGE TOP